家系図を理解して入れば大丈夫!心を込めてご先祖様を供養しよう!

こちらを訪問されたということは、

「ご先祖を供養したいけどやり方がよくわからない」

といった方が多いと思います。

少しでもご参考になればと思うので、

ここで筆者である私の簡単な家系を少し紹介します。

 

私の家は350年続く家系で、小さいですが初代が建てた神社も保有していました

(現在は地元のお寺に管理委託)。

家長である長男には代々ある漢字を1文字つけており、

お墓も江戸初期のものから現在のものまで沢山あります。

こんな家で育ちましたので、少しでも参考になれればと思います。

 

 

【まずは正しい家系図を知ろう】

なんで家系図!?と思われるかもしれませんが、

残念なことに偽物の家系図というものが世の中には沢山存在します。

昭和初期に有名大学の教授を名乗り

地方の大きな農家などをターゲットとした詐欺が流行していたことがあるためです。

 

まずは偽物の家系図かどうかを簡単に見極める方法をお伝えします。

1.開祖が有名な歴史上の人物

2.トーナメント表みたいな作りになっている

3.とにかくデカくて立派だ

この3つに当てはまってしまったら、残念ですがその家系図は偽物です。

 

嫁ぎ先のお舅さんなどが自慢げに

「ウチの先祖は織田信長なんだぞ?」

と自慢してたらかなりの確率で黒です(笑)

 

 

【偽物かどうかわかったけどそれがなんなの?】

実はこの正しく家系を知るということが大切なのであり、

開祖なんてのはさほど重要ではありません(笑)

何年前にその偽物が作られたかを知る事で、

それ以降の家系図は正しいものである可能性が高いからです。

そしてこの直近の家系図を知る事で信仰宗教や霊感商法、インチキ占い師などから

私たちを救ってくれるのです。

 

不安を抱えて占いなんかに相談に行くと、

インチキ占い師は「家系図を見せてくれるかしら?」なんて言ってきます。

そして、今の自分たちには知り得ない3-4代前の先祖を指し

「この代の人が人を殺めています。今、あなたを襲う不幸はこの時殺された方の怨念です」

てな無茶苦茶な事を言い、高額な鑑定料を取ります。

藁にもすがる思いで来てるのにひどい話ですよね。

 

しかしこれはご自身の家系の人たちがどんな人だったか理解して入れば防げる不幸です。

代々の人たちの性格なんて知らなくていいのです。

ご先祖の名前の特徴や何年その土地に住み続けているのか知っているだけでも

「あれ?この人の言ってる事おかしいな?」

というストッパーになります。

 

そして、現代を生きる私たちが不幸になってしまわないことが、

ご先祖様にとってはとても嬉しい事だと思うのです。

さらに、開祖が有名偉人だから、なんて理由で供養され続けても

自分が墓の中から様子を見ている立場だったら嬉しくないですよね?

 

 

【心を込めれば無問題!】

現代を生きる私たちの不幸が、ご先祖にとっても不幸。

それはわかったけど、具体的にはどうすればいいの?

 

それは簡単です。

お墓まいりに行きましょう!(笑)

 

でも毎月行かなければならないなんて事はありません。

かく言う私の家もお墓まいりはお盆前の掃除とお盆期間中にしか行きません。

あと、神社の例祭もありますが年に1度の2時間程度です。

 

もし、お墓が数カ所に分かれていて行くのも大変だ、

と言う方は古い方のお墓を墓じまいをして

新しいお墓にお引越しすることも検討してみてください。

 

1番大切な事は”今年も来たよ、いつも見守っててね”という私たちの気持ちなのです。

 

最後に私たちもいずれお墓の中に入ります。

その時に1番悲しいのは、孫やひ孫が自分の墓のことでもめてたり、

悪い人たちに悪用されて愛する家族を不幸に陥れることに利用されることです。

自分の先祖を知り、現代を楽しく健やかに過ごすことが最高の先祖供養なんですね!



先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL