先祖供養は気持ちから

現在、先祖供養に関係するお仕事しております。

昨今、先祖代々お墓も守るという感覚が少しずつ遠のいている気がします。

 

最近話題になっている樹木葬や海上から散骨するセレモニーなど

形を残したがらない方々が多くいらっしゃいます。

一番の理由は核家族でお墓を継がれる方がおいでにならないからです。

 

その次に多いのが

「亡くなってしまったら、それで終わりですので

わざわざお金がかかるようなお墓を維持する必要がない、子どもに迷惑をかけたくない」

という理由です。

 

考え方は人それぞれですが、子どもに迷惑をかけたくないとの理由は個人の感想ですが、

どうしてなのかなとちょっと不思議に思えました。

 

年に数回、お墓を掃除して、お花を活け、線香をあげ

故人の前で手を合わせるという風習は昔からのならわしで、

それが子どもに迷惑をかけるという形はしっくりといきません。

 

おそらくお墓を維持する管理費や檀家としてのお布施の問題なのではと考えます。

先祖供養にお金がからむのは非常に残念ですが、実際は本当にタダでは維持は出来ません。

しかしながら、最低限の管理費でお墓を維持する事は可能です。

 

私の父のお墓は寺にありますので一応檀家の扱いですが、

お墓の清掃料が年に1回ほどの支払で4,000円です。

管理料としてお墓の大きさで金額を決める所が多いようです。

 

その他は志納といって特に金額は決まっておらず、

年に何回かのお盆やお彼岸時に持参する方はいらっしゃいますが、

私自身は清掃料はきちんと支払いますが、志納として納めた事は一度もありません。

 

お布施という物は金額を決めていくらというものではありませんし、

強制的に支払わなくてはいけないものではありません。

ただし、法要を依頼された時は読経料としてお布施を包むのが常識です。

しかしながら、相場はあっても金額が決められている訳ではありません。

 

多分、常識的なお寺の方は

「あくまでもお気持ちですので、こちらからいくらというのは申し上げられません」

というような答え方だと思われます。

 

極端な話、中には法外な金額をしっかりと言ってくるお寺もあるようです。

施主の方などは相場がわからないと「そういうものか」で、

つい相場よりはるかに高いお布施を包む場合もあるようです。

 

故人を供養していただくという大事なセレモニーですので、

高いとか安いとか考えるのはおかしいのですが、

お坊さんもお経を読むのは大事なお仕事で、それによってお布施という物を頂くのですから、

極端に安い金額は別としても無理をしないで、

今、自分が供養代としてここまでしか用意ができないというのなら、

それでいいと思います。

 

お経をあげていただく事は私は故人に対しての一番の供養だと思います。

毎日、仏壇の前であげる事やお水を変える事も供養の一つだとは思いますが、

宗派によって様々なお経がありますが、お経の内容は聞いていても理解は良く出来ませんが、

しっかりしたお経は心が洗われます。

 

49日、1周忌、新盆、先祖代々供養など内容によってお経が違います。

核家族でもお墓はなくても納骨堂などを選ぶ方法もあります。

先祖代々からは無理かとしても、せめて自分の親くらいの供養はしてあげたいと思い、

子どもの身からしたら、迷惑などとは考えていませんが、やはりこれも人それぞれなのでしょうね。



先祖供養 関連記事


先祖供養は気持ちから への1件のコメント

  1. ちんかんす

    宗派によって様々なお経がありますが、お経の内容は聞いていても理解は良く出来ませんが、

    しっかりしたお経は心が洗われます。

    聞いてもよく分からない、内容の知らないお経を他人(僧侶)に読んで貰って心洗われるという人が実に沢山いるように思います。
    でも、本当に先祖供養の為と考えるなら、僧侶など第三者にお任せでなく、ご自身でこそ御経を拝読することも考えた方が良いと思いますよ。般若心経なら般若心経を、観音経なら観音経を、まずはそれらの経本を求めるところから始めましょう。

    お経の中身を知ることで、そのお経の内容とご自身の考える先祖供養への想いと、きちんと重なっているのか否か。お経は死者への捧げものであると、他者からの受売りでなくご自身で納得出来るか。
    見えてくると思います。
    もし、昔から先祖供養用にと愛されてきたお経の中身が、実は生きている貴方のために説かれていて、先祖を大事にするか否かで悩むことを否定するようなものだったら?

    お金のかかることですから、慣習の受売りで納得しないままに行うのでなく、お経も仏事もお墓も、ご自身で納得して関わることが大切です。
    特に、今の日本社会は若年ほど収入少なく、保険税金の支出感も多いです。
    今、老後を過ごし方を考えていたり、年金暮らしで生きている方々には、是非とも子や孫の心身に対して、何を残してあげて何を捨ててあげるのか。考えてあげてください。

    ところで、日本人の収入が少なくなり、人口も減り続ければ、こうした人の生活費の一部の寄付で成り立つ寺院も存続出来なくなります。現実に起きていることです。お寺にお墓のあることは安心にならないのです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL