先祖供養の意味

先祖供養という過去の先祖達に感謝する行為は、

自分に繋がる全ての存在をくくり直し、

自分が生きることによって過去の生命を未来へと繋げ、

生かす行為となります。

 

人間は死後約30年間は

現世の垢を落とす修行をする幽界というところに居て、

その後に、それぞれの霊界に旅立っていくとされています。

 

この30年間はある程度、

現世と交流を持つことが許されているのです。

具体的に言えば、お正月やお盆、命日などに

何回かこの世に帰って子孫と交わることができるわけです。

 

ですので、原則として、およそ亡くなってから30年間ほど、

だいたい三十三回忌までは位牌を置くだけでなく、

折に触れて帰ってきた故人の霊を迎え入れ、

温かくもてなしてあげる必要があります。

これが供養が大事だという一つの理由です。

 

また、位牌には個人の物の他に、

先祖代々の霊と書かれた代々の位牌もあります。

死後30年も経つと、霊はこの世に帰ってくることもなく、

それぞれ霊界に行ってしまわれますので、

個人の位牌は三十三回忌を過ぎたら、お焚き上げをして、

先祖代々の位牌に合祀するのが原則となります。

 

仏壇に先祖代々の位牌を置いて、基本的な供養をすれば、

自然に家の中は落ち着いてくるでしょう。



先祖供養 関連記事


先祖供養の意味 への1件のコメント

  1. 福永篤

    ネットで仏教と先祖供養は関係ないと書いてあったので、
    浄土真宗の住職先生が仏教と先祖供養は関係あるのですか?
    と聞いたら本来は関係ないと言われました。
    本当ですか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL