ご先祖さまって、そばにいるんだよ。

私は、小さいころから霊的なものに興味があり、また私自身も神秘体験をいたしました。

それは25年前にがんで亡くなった母方のおじの宗派が変わっていたことを知らずに、

りりしい剃髪したお坊さんの風景が浮かび上がりました。

 

私の実家は浄土真宗ですが、お経を唱えるときに木魚はたたきませんし、

お坊さんも剃髪をしていません。

しかしイメージで現れたお坊さんは、5名ほどでしょうか全員剃髪をして、

木魚をたたいてお経を唱えていました、

何かすがすがしい気分になり、県外にいる亡くなったおじの妻である義理のおばに、

宗派替えましたかと問い合わせいたしました。

 

そしたらおばは、よくわかりましたねとびっくり、

県外の静岡におじの墓がありますが、墓苑を管理しているお寺が曹洞宗なので宗派を替えたいと、

私の祖父に相談したとのいきさつをお話しされました。

 

おばは、そのお坊さん若くて頭を剃ってほんとりりしいのと言われ、

風貌をわたしが申したところ、よくわかったねとまたびっくりしていました。

 

おばは、そういえば長女(私のいとこ)も霊感があるのよねといって、

ひいおばあちゃんのことを長女が甘いものが食べたいって言ってたわと話されました。

私はひいおばちゃんのことは、覚えていてみたらし団子が好物で一緒に食べた記憶がありました。

いとこは、まだ生まれていなくひいおばちゃんは、いとこにすがっていることがわかりました。

 

早速、祖母がみたらし団子を買ってきて墓前にお供えいたしました。

また、父方の伯父もがんで亡くなっていて、人生のピンチの時なにかと助けてくれます。

 

2年前の熊本地震の時も、姿は見えませんでしたが

伯父の声で起きろ耳元で叫んでいることに気づきぱっと目が覚めおき上がったところ、

本震がおき私が寝ていた場所に本棚が倒れ間一髪、

命拾いをしたこともあります。

 

また国家試験の勉強をしてうつらうつらしていた時も私の名前を呼ぶ伯父の声が聞こえました。

 

父から聞いた話ですが伯父は、チキンラーメンが好きで、

病室でひよこの付いたチキンラーメンのどんぶりがお気に入りで

それでチキンラーメンを食べるのが、楽しみだったとのこと、

亡くなってからチキンラーメンのどんぶりが真っ二つに割れていたと話してくれました。

 

やはり、ご先祖様は、生きてらっしゃるこの世ではなくあの世で、

私たちのことを見守って下さると思うと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今原稿を書いているときも、きっと見守ってくれていると信じています。



先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL