自分なりの供養の仕方

私は一人っ子です。

父や母方の先祖供養は幼少の時にはお盆などに田舎へ遊びがてら行っていましたが、

大人になってからはほとんど行きませんでした。

 

どちらの親戚もそれほど法事など年毎に行うこともなかったので、

お彼岸に墓参りをするなどの行事もはずかしながら知らずにいました。

 

しかし私の父が病で亡くなり、再婚している母も認知症があり

一人娘の私がすべて葬儀の段取りをやる事になりました。

 

生前、葬儀はやらなくていいと父は言っていました。

親戚も遠くあまり仲が良くなかった為呼ばなくていいとも言いました。

 

病院で亡くなったのですぐに葬儀社を決めて連絡し、

安置場所へ運んでもらい火葬の段取りの為に業者の方と打ち合わせをしました。

 

後日、火葬の際にお経を唱えていただきお別れのお花を入れて火葬する

とても簡単な葬儀を選びました。

それでも火葬の間に住職様から色々なお話をしていただき

父への後悔の念などが和らぎました。

 

四十九日も近くのお寺を探し、パートナーと二人で執り行いました。

法要などの行事も全くの無知から始める事なので1から勉強している感覚です。

父が安らかに天国へ行けるように最低限ですが進めていきました。

 

一番の問題はお墓をどうするかです。

私には後を継いでくれる子供もおりませんので個人のお墓は論外です。

そうなると合同墓地になるので、あらゆる場所を見学に行きました。

 

立派な慰霊碑や現代風な慰霊碑、

金額も様々で決め手がないまま妥協しようかと考えていたところ、

ふと見た地域新聞での広告で予算の範囲内でとても良い場所をみつけました

父がここはどうだ?

と知らせてくれたような好条件の場所でした。

 

個人の墓では法要をどうするかなどお金の問題も様々にあるとは思いますが、

こちらでは年1回必ず無料の法要をしていただけるのでとても助かります。

 

父は無宗教なので特別仏壇などは家に置かず、

専用に棚を買い位牌も従来の形のものではなく故人の写真も飾れる位牌にしています。

生まれ変わったら健康でいたい。

とよく言っていたので

天国では何の心配も無く幸せに過ごして欲しいと

毎日この場所で祈っています。

 

亡くなって間もなくはそばにいるという事を感じていました。

遺品整理の時にどうしても見つからなかった物がふと見つかったり、

夢ですが「こっちの方は何も心配ないから」と言ってくれたり、

私が一人で色々やれるのか心配だったのかも知れません。

今はただ黙って静観しているのではと思います。

 

お彼岸やお盆に先祖をお迎えする事など何も知らなかった私ですが

今は自己流ながらしっかり供養しています。



先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL