永代供養について詳しく

先祖代々のお墓はあるけれど、今は核家族が増え、

跡継ぎや管理をしてくれる人がいない場合があります。

そのため、永代供養に改めて墓じまいする人が増えています。

 

先祖代々のお墓があるにもかかわらず、

ご先祖様の遺骨を永代供養墓に納骨する事に抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

人のお想いは様々です。

価値観も多種多様ですが、知らないことを新しく知ることで変化するものもあると思います。

ご参考下さいませ。

 

 

【永代供養】

永代供養は大きく分けますと、個別墓と合葬墓のふたつになります。

個人・夫婦・家族の納骨が個別墓、身内以外の皆さまと一緒に納骨するのが合葬墓です。

近年では夜でもお参りできる室内安置型の永代供養墓が都市に増えていますね。

交通の便が良いことも人気の理由でしょう。

 

 

【樹木葬】

また、お墓を建てない永代供養が近頃人気ですね。

例えば海や山への散骨、樹木葬、手元供養です。

 

手元供養とは、遺骨をお墓に納骨するのではなく手元に置いておく供養です。

 

そして墓石の代わりに木を植える樹木葬。

樹木葬には自然を活かした里山型と、都市部に近い公園型があります。

里山型ではひとりに一本の木を植える弔い方が多いです。

公園型ですと一本のシンボルツリーの周囲に遺骨を埋める弔い方が多いですね。

 

さらに複数の遺骨を一緒に埋める場合と、個別にする場合とでも分かれます。

樹木葬では家族やペットと一緒に弔ってもらえる所があります。

宗派もありませんし、後継者の心配も要りません。

生前に申し込みが可能な墓地もあります。

 

また、墓標に使える樹木は墓地により指定されている事が多いのですが、

好きな花木を選択できる所もあります。

中でも人気が高いのはやはり桜ですね。

古くから長く日本人が好んだ花ですから、

この花にまつわる忘れがたい思い出をお持ちの方々が多いのでしょう。

 

シンボルツリーに桜を選んでいる霊園もあります。

桜の他にもハナミズキや椿、紅葉、雪柳といった低木、楠などの常緑樹、

そしてバラが人気です。

 

 

【永代供養料等々】

永代供養墓は納骨時に永代供養料を納めますとその後の管理費、維持費等は基本的にかかりません。

ですが、お寺や霊園によっては毎年管理費を支払う必要があるので、よく確認しましょう。

 

永代供養料には、供養をしてもらうための費用、納骨式でのお布施代、墓誌代が含まれます。

墓誌とは墓石や石、金属板に故人のことを記したものです。

 

これまでは先祖代々のお墓を守り、受け継いでいくことが普通でした。

けれど家族のあり方や価値観が多様化している現代では、

ご先祖様を供養する形もまたかわってきています。

けれど弔い方が違くとも、ご先祖様や故人を偲ぶ心に違いはありません。

 

たった一つのモデルケースに固執するよりも、

十人十色の気持ちでお考えになってはいかがでしょう。

良い弔いになりますように。



先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL