増加する無縁墓、どうやって墓仕舞いをするか悩みます。

父方の祖母の又、祖母の実家の墓が、荒れたままになっています。

祖母の実家は絶家になっています。

管理料を払って欲しいと、亡き父方の祖母から言われて

父が引き継いだのを更に私が引き継いだ経緯があります。

 

ところが、霊園使用許可証が、無くなっていることが今頃になってわかりました。

自分も60歳を超えて終活を考える時期になっています。

更に妻の実家も跡取りがいなく絶家の運命にあり、叔母の霊園も引き継ぐ運命にあり、

このまま、経過すると自分の入る墓の他に跡取りのいない墓が3個も残ってしまいます。

 

管理料だけで年間、数万円を自分の次の時代に引き継ぐ事になります。

そうなると残念ながら墓仕舞いを考えざるを得ません。

 

一般的に墓仕舞いをすると敷地に余裕があれば共同の埋葬施設に、

他の遺骨と一緒になる永代供養の合葬という形になるようです。

 

他に個別に納骨堂に納める方法や樹木葬、粉骨して海に散骨する方法もあるようですが、

故人が遺言でも残していれば別ですが、海洋葬は遺族としては心理的な抵抗もありそうです。

いずれも数万円~数十万円の費用が掛かるそうです。

 

その他に費用は、様々あるようです。

残された墓石の処分ですが、一般的に産廃物としてコンクリートの処分費用がトン当たり

¥1000~2500円としてだそうですが

墓石はトン当たり¥3000~5000円で、やや処分費用が高いようですが、

それとは別に業者の撤去費用は¥10万円~30万円だそうです。

これも石材店に出来れば相見積もりさせた方が良いそうです。

 

一般的に平米当たり¥5万円~¥10万円と幅があるようです。

 

それ以外にお寺なら、お布施に¥1万円~3万円、

更にお寺からの離檀料が数万円~10万円、

閉眼供養という玉抜き料という墓から出す費用が¥3万円くらい、

更に新しい場所への開眼供養という玉入れ料が同じ位かかります。

更に共同墓、永代供養墓に埋葬するのに多ければ数十万円かかります。

 

その他、「墓地、埋葬等に関する法律」で手続きが決まっていて、

現在の埋葬証明書と改葬先の受け入れ証明書と

改葬許可申請書の提出を行政窓口に出さなくてはいけないそうです。

この手続きを自分で行うなら費用は掛かりませんが

通常は行政書士等に依頼すれば数万円はかかるようです。

 

尚、以前、テレビでも話題になっていましたが、

檀家が少ないお寺から数百万円の離檀料を請求された例もあるようです。

更に、通常は永代供養は、初回だけ永代供養料を数十万円払えば済むのに、

気を付けないと、その後も管理料等の費用がかかる場合もあるそうです。

そうなると永遠に親族は未来永劫費用負担をしなければなりません。

 

このように相場があって、ないようなのが、

そして、いつまで支払いが続くのか判らないのが葬祭の世界だけに不安です。



先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL