お墓が遠いことにお困りではありませんか?

日本人にとって大切な行事である先祖供養。

お仏壇にお参りすることはもちろん、

御遺骨を納めたお墓にお参りすることは欠かすことのできないものです。

 

その重要さはわかっているものも、

お墓が田舎にあってお参りに行きたくてもなかなか行けない

というのが都心部に暮らす方の実情ではないでしょうか?

 

『子供が小さい頃は毎年のように帰省してお墓参りも欠かしていなかったけれど、

年齢を重ねるごとに足が遠のいてしまっている。

お墓を護ってくれている田舎の両親が他界したら、

今度は私たちがお墓の面倒をみなくてはならないけど、どうしようか・・・』

とお困りの方は多いと思います。

 

その解決策としては、「墓じまいをする」が挙げられます。

これは先祖代々のお墓を撤去し、遺骨を共同墓に改葬することです。

面倒見られずに放置され荒れたお墓ほど不憫なものはありません。

ですので、お墓を撤去し、田舎のお寺や自治体で運営する共同墓に納めるのです。

 

共同墓ですので、他の方と御遺骨は合葬され、

その後は取り出すことができないことに注意してください。

 

人口減少が進む地方では墓じまいが増えているので、

お寺や墓石店も難なく対応してくれると思います。

 

お墓の草刈りや掃除といった管理をしなくてもいいというメリットがありますが、

田舎は親族間のつながりが強いので、

親族にも墓じまいのことを断っておくと、後々のトラブルを避けられます。

 

 

二つ目は墓じまい(墓石の撤去)をして遺骨を現在の住居のそばに改葬することです。

改葬先はお寺の墓地であったり、最近流行りの納骨堂ビルが挙げられます。

注意点は、都心部ほど永代使用料が高額であることです。

ですが、お墓参りに行く移動距離がグッと縮まり、

頻繁にお参りにいけることを考えるとベストな方法と言えるでしょう。

 

また、新しい墓地を寺院墓地に求めたい場合には、

檀家になる必要があるのか?

これまでのお寺の宗旨と一緒かどうかを事前に確認することが必要です。

 

また、遺骨の改装には、

①改葬先の墓地管理者から受入証明書をもらう、

②改葬元の墓地管理者から埋葬証明書を発行してもらう、

③改葬元の市区町村の役場で改葬許可証を発行してもらう、

④改葬先の管理者に改葬許可証する

という事務作業が必要です。

 

このように、お墓の墓じまい(引越し)は大きな労力を伴い、

人生の大きな決断が必要となる事柄です。

家族で時間をかけて相談して、ご先祖様が安心される結論を出していただきたいと思います。



先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL