回忌供養の数え方

通夜、葬儀、四十九日、百か日を終えて、

最初に訪れる年忌が一周忌です。

つまり、亡くなって丸1年目の命日のことです。

そして、その翌年、丸2年目につとめるのが三回忌。

ここで数え方が変わりますので注意してください。

 

次に、丸6年目が七回忌、

丸12年目が十三回忌、

丸16年目が十七回忌、

丸22年目が二十三回忌、

丸26年目が二十七回忌、

丸32年目が三十三回忌

となります。

 

これはあくまで標準的なもので、

地方によって若干の違いがありますので、

そういう場合は、その地域の風習に従うようにしましょう。

 

なお、七回忌からは、複数の故人の年回を併せて行なっても構わないことになっています。

例えば、父と母の年回が1,2年の間に続くようであれば、

2つの年回を一緒に行なうことができるのです。

この場合は、早く亡くなった方の命日に合わせるようにします。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL