先祖供養商法にご注意

核家族化や高齢化社会が

主流となっている現在では、

遠方にあるお墓参りに通うことができない方も

たくさん増えています。

 

体力的な問題と移動するための費用と時間を

割くことができない方々が増えている為です。

 

先祖の霊を供養する行事が日本にはたくさん残されているので、

お墓参りができないと心苦しくなる方も数多くいます。

このような方々の心の隙につけこむ、

先祖供養商法にご注意してください。

この手の類の悪徳商法が横行しています。

 

お墓参りに行っていないからご先祖様が怒っているので、

良くないことが起こるなど、不安をあおるような文言を

並べ立てる輩から電話がかかってきたり、

実際に家にやってくることがありますが無視してください。

 

お寺や神社で供養をしてもらうならまだしも、

業者が先祖供養の為の商品を売りに来ること自体がお金目的と一目瞭然です。

こちらから、出向いていくわけでもなく売り歩いているわけです。

善意のボランティアが、高額商品を進めてくることは絶対にありえません。

 

特に一人暮らしの高齢者の場合には

普段から目配りをしていることが重要になります。

話し相手がいなく、寂しいと感じている人の場合には

親切な話し方の相手に騙されがちです。

 

周囲が騙されていると話しても、

そんなことはないと激高し逆効果になることもあります。

そうならない為にも、遠方に住んでいても日頃から電話などで

コミュニケーションを取り精神的なフォローをしておくことが必要になります。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL