先祖供養について感じること

先祖供養という過去の先祖達に感謝する行為は自分に繋がる全ての存在をくくり直し、

自分が生きることによって過去の生命を未来へと繋げ生かす行為となります。

 

人間は死後30年間は、現世の垢を落とす修行をする幽界というところに居て

その後に、それぞれの霊界に旅立っていくとされています。

この30年間はある程度、現世と交流を持つことが許されているのです。

具体的に言うと、お正月やお盆、命日などに何回かこの世に帰って子孫と交わることができます。

ですので、原則として亡くなってから30年間ほど、大体33回忌までは位碑を置くだけでなく

折に触れて帰ってきた故人の霊を迎えいれ、温かくもてなしてあげる必要があります。

これが供養が大事だと言われる理由の1つと言われています。

 

また、位碑には個人の物の他に先祖代々の墓と書かれた代々の位碑もあります。

死後30年もたつと、霊はこの世に帰ってくることもなく、それぞれ霊界に行ってしまいますので

個人の位碑は33回忌を過ぎたらお焚き上げをして、先祖代々の位碑に合祀するのが原則となります。

仏壇に先祖代々の位碑を置いて、基本的な供養をすれば自然に家の中は落ち着くことでしょう。

 

現在、仏壇を置いてある家は殆どなくなりました。

幼い頃は、祖父や祖母と同居していました。

その当時は自宅に仏壇がありお盆やお彼岸のときにはお坊さんがいらっしゃって、

お仏壇を拝んでくれていたのを思い出します。

当時はどの家にも仏壇があるのが当たり前だったように思います。

そんな風景が当たり前だと思っていましたが、ライフスタイルが変わっていく現代では違ってきているようです。

 

先祖供養は、ご先祖様のご冥福を祈り、大切な生命を残してくれたご先祖様を

自分の身体を通して感じながらご先祖様を大切に思うことなのではないかと感じます。

個人の命日やお盆、お彼岸に限らず毎日の生活の中でちょっとした出来事を手を合わせて

ご報告することも供養に繋がるのではと思います。

どんなささいなことでもご先祖様に向けてご報告をすることで、心が豊かになるような気がします。

 

先祖供養というのを改めて考えることで、自分が今生かされていることに感謝し、

生命の大切さに気付かせてくれると感じました。

今の自分がいるのは、ご先祖様のおかげであり、感謝するべきだと思います。

ご先祖様がどういう生き方をなさったのか、ご先祖様に恥じないような生き方を考えてみようと思います。

先祖供養の気持ちを持つことで、生きることの喜びを一層感じることができるのではと考えます。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL