お墓参りに行けない、仏壇もない場合

家のお墓が遠方にある為

お墓参りに行けない方や

自宅に仏壇もない場合、

残された子孫として

心に引っ掛かるものがあるかもしれません。

 

生前可愛がってくれた身内に供養をしてあげることができないのは、

心が痛むという話も耳にします。

また、先祖代々続いてきた歴史があるからこそ自分が存在しているので、

たまにはお墓参りに行きたいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

ライフスタイルの変化により、核家族化の進行と

大都市や海外で生活している方が増えている為、

遠方にあるお墓に頻繁に行くことは

時間と費用が必要になるので難しくなっています。

 

そんな場合はお墓のある方向に向かって

手を合わせるだけの方も増えています。

また、宗教や宗派があるならば

現在お住まいのご自宅の近くのお寺や教会等で

お経を読んでもらうこともできるので、

気になっている方は相談してみてください。

最善の方法を教えてくれるはずです。

 

しかし、形式的な行事よりも

祖先に対する尊敬と感謝の念が大切だと思います。

お墓参りに行くことができた場合に、

キレイに掃除をし供養の気持ちを伝えることが一番大切になります。

 

仏壇についても同様で、一人暮らしや賃貸物件の場合だと

スペースが限られているので仏壇を置くことは難しいのが現状です。

また、購入するための費用も多額になりますので

現在の景気状況では大きな負担になりますので、

部屋にお水とお塩をお供えするだけでも大丈夫です。

 

どちらのケースにしても、祖先への感謝の念と

安らかに眠ってくださいと言う気持ちを伝えることが一番大切です。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL