菩提寺が遠方でも、先祖供養は心の中でできるものです

「菩提寺が遠方だがお経をあげてもらいたい場合について」

自分の先祖のお墓に手を合わせてお墓参りをしたい、

お盆や節目となる年にお経を読んでもらいたい、

そんな願いは持つものの、実際にはお墓が遠方にあり、

なかなか足を運ぶことができずに終わってしまう

とい悩みを抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

では、お墓が遠方にあるとき何か策はないのでしょうか。

基本的には、先祖供養というものは心の中で先祖を敬う気持ちさえあれば良いものであると考えます。

日々、お墓の方向に向かって手を合わせるだけでも十分ご先祖様には気持ちが伝わるものですが、

やはりお経はあげてもらいたいという場合は、

今住んでいる近くのお寺の中で、同じ宗派のお寺にお願いすることができます。

 

宗派はわからない、もしくは近くに無いという方は、

宗派を問わないお寺というところもあるので一度相談されると最善策を教えてもらえます。

 

 

「遠方で行けない場合のお墓の掃除について」

さて、お経をあげてもらうことは遠方でもできました。

ところが気になるのはお墓の掃除です。

こればかりは菩提寺にお願いするわけにもいきません。

 

そこで最近出てきたサービスが「お墓のお掃除代行サービス」です。

店舗により内容は多少異なる部分もありますが、

大まかな目的は同じでお墓の清掃とお花を添えるの2点を行い、

きれいになったお墓の写真を送ってもらい作業終了となります。

 

清掃の写真が証拠写真となるため、きちんとした業者ならばどこへお願いしても、

お墓が傷つくことなく、きれいに掃除してもらえます。

 

費用は掃除代とお花代で20000円前後が多いようです。

遠方から出向き、新幹線や飛行機代などを考慮すると、かなり安く済むことになります。

 

 

「最終的にはお墓の引越しも」

最近は代行サービスも多種多様となり遠方にいてもさほど困ることは無くなってきました。

とはいえ、常に代行サービスを頼むのも気が引けるし、

やはり先祖のお墓は自宅近くにあってほしいという方も多くなってきています。

 

最終的にはお墓自体を引越しするという手段があります。

しかし、家の引越しのように単純な話ではなく、複雑な手続きが必要です。

また、引越し先に持ち出せるものも石碑と遺骨だけであり納骨棺などは移動することができません。

 

お墓の引越しについては「墓地埋葬等に関する法律」に定められており

市町村の許可が必要であるため手続きの窓口は市町村にあります。

 

手続きで一番複雑なのは、既存のお墓から改葬許可をもらう点です。

引越しを考えていたのに、お墓の管理者との費用面が折り合わず断念という話もあるほどです。

また、新しいお墓の用意など複雑な工程が多く自分だけでするのは困難です。

専門業者に相談するとスムーズに進行するので、実績のある業者を選び、

きれいな形で先祖供養をしてあげられるように心がけていくことが大切です。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL