父の葬儀で学んだこと

父が亡くなった直後に病院の待合室から北海道に住む親戚に報告と

宗派を聞くのが最初の務めでした。

 

それまでは葬式や葬儀等に関する関心も薄く、

その上に知識も無く何れはと思っていた矢先に父が亡くなり

葬儀の一切合財を直接関わる羽目になりました。

 

父は亡くなる数年前から家族の勧めも有り葬儀の互助会に入っていた為に、

妻は早速電話を入れて遺体の搬送と葬儀の準備を頼んだのです。

 

これまでに職場の同僚や友人の御家族が亡くなると葬儀には出席をしていましたが、

様々な宗派が有り驚くばかりです。

賑やかな葬式だったり、静かな読経が続く葬式にも参列した事が有りますが、

いざ自分の番になると戸惑うばかりです。

何も知らないままに葬儀社の担当者を交えて打ち合わせを致しました。

 

最初に聞かれたのが何処の宗派でした。

直ぐに昨夜遅く叔父さんから聞いた事を話すと

近くに有る幾つかのお寺を紹介してくれましたが、ここでも迷ったのです。

お寺の住職を呼んで葬儀を出す事は、そこのお寺の檀家になる事であり、

その後のお付き合いも大変だと思っていたからです。

 

葬儀も行い、一周忌、三周忌は行ってもその間に

様々な方法で寄付を求められると聞いていたので、その為に悩んだのです。

また仏壇を揃えたり、お墓か納骨壇を買わなければならず、

そんな事を含めて悩んだのです。

最終的には母に相談をして決めました。

 

そんな事を葬儀社の担当者に話をすると、

どんな宗派の葬儀でもするお寺が有ると言うので紹介してもらい、

早速、家族で相談した結果、そのお寺に頼んだのです。

通夜には副住職が来てくれ本葬には住職が来て下さり亡くなった故人も

立派で喜ぶような葬式を行う事が出来ました。

そして遺骨箱が家に戻ると再び御経を挙げ最後に親戚を含めて法話をしてくれました。

悲しかった母も少しは元気を取り戻したのです。

 

葬儀が終わり四十九日までは忙しい日々を過ごしました。

それまでは毎日、線香と花と供え物を切らさずに上げ、

その合間をぬって仏壇と骨壺を入れる場所を探さなければなりませんでした。

故人も亡くなる数年前に何度も自分のお墓を買って準備をして欲しいと頼みましたが、

そんな事もせずに亡くなったので何もかもが一緒になりました。

仏壇も四十九日前に買い揃え、故人が置いて欲しい場所を母に教えてもらい設置しました。

 

最後にお墓にするのか納骨壇にするか随分迷いました。

費用も管理料もバカにならない金額でした。

最終的には故人が会社勤めをしていた頃の通勤道の側に納骨堂が建てられ、

そこに決めました。

またそこはどんな宗派の故人でも入れると言うのも理由でした。

四十九日の法要が終わると早速、納めて来たのです。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL