自宅での先祖供養の方法と、仏壇の相場

●自宅での先祖供養の方法

先祖供養とは、ご先祖様をお祀りして、お供え物を捧げる事でありますから、

自宅で先祖供養をするなら、自宅に仏壇を置いて位牌を安置し、

仏壇にお供え物を捧げてお経をあげるのが良いでしょう。

仏壇は毎日掃除を行い、毎日一回食事を捧げ、お経をあげましょう。

もし仏壇を置く経済的な、または空間的な余裕がない場合は、香炉と花立とローソクだけでも構いません。

大切なのは、先祖を供養しようという気持ちをもつことです。

 

 

●仏壇の種類

・金仏壇

その名の通り、仏壇に金箔や金粉を使った、金色に輝く豪華な仏壇です。

彫刻や蒔絵等、伝統工芸の技術の粋が集まっており、とても芸術的な仏壇となっています。

浄土真宗では、金仏壇が推奨されています。

 

・唐木仏壇

紫檀や黒檀、ケヤキや桑等の銘木を使って造られた、木目の美しさを重視した仏壇です。

 

・家具調仏壇

現代の住環境に合わせて造られたモダンな仏壇です。

金仏壇や唐木仏壇のように歴史の長い仏壇と違い、比較的新しいタイプの仏壇です。

モダン仏壇とも呼ばれています。

 

 

●仏壇の相場

仏壇の種類やサイズによって、値段は大きく変わってきます。

モノによっては数千万を超える仏壇もあり、値段の振れ幅は非常に大きなものとなっています。

 

・金仏壇の相場は80万から130万

金仏壇は金箔や金粉で装飾され、様々な職人の技が合わさって造られているので、

仏壇の中ではかなり高価なモノとなっています。

モノによっては1000万や3000万といったものもあります。

 

・唐木仏壇の相場は50万から110万

唐木仏壇は希少価値の高い銘木で造られていますから、金仏壇ほどではないにせよ、

こちらもそれなりに高価な仏壇となっています。

 

・家具調仏壇の相場は10万から20万

家具調仏壇は装飾がほとんどなくシンプルな造りであり、

現代のライフスタイルに合わせてあるためか、価格は金仏壇や唐木仏壇と比較するとかなり安くなっています。

モノによっては10万以下で購入できるものもあります。

 

 

●大切なのは、ご先祖様を供養しようという気持ち

近年は先祖供養をする方も年々減少しています。

また、先祖供養をしようという意志のある方でも、

お墓参りに行く時間的、経済的な余裕が無い方も最近は多いかと思います。

しかし、お墓参りに行けなくても、先祖供養は自宅でも行えますから、

時間的にも経済的にも余裕がない場合でも、ご先祖様への感謝の気持ちを忘れないためにも、

先祖供養は忘れずに行いたいものですね。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL