仏壇の置き場所

昔の家屋と違って、現代の家には仏間や床の間のある和室が少なくなっています。

ですので、いざ仏壇を置くとなった時に、どこに置いたらいいのか悩んでしまうことが多いと思います。

では、現代の生活スタイルに合った置き場所はどのように決めればいいのでしょうか。

 

まずは、どの部屋に置くのかということですが、

先程も言ったように仏間がない家も多いですし、

マンションやアパートなどではそもそも和室がないことも多いです。

しかし、ここに置かなければならないという決まりはありませんので、洋室でもリビングでも構いません。

ご先祖様が身近に感じられ毎日仏壇に向かって手を合わせやすい、そんな場所が良いのではないでしょうか。

 

部屋が狭くて仏壇を置くスペースなんてない、という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時にはタンスやチェストの上に置ける上置きタイプのものもありますし、

収納を上手く利用してスペースを作るという方法もあります。

 

もちろん、スペースがあれば台付きの仏壇を選ぶのが良いでしょう。

形だけでなくデザインもさまざまありますので、

洋室にマッチしたモダンなデザインの仏壇を選ぶこともできますよ。

 

部屋が決まったら仏壇の向きですが、

北向きに置いてはいけないなど昔から言われていることはさまざまあります。

ですが、置き場所に困っていたほどなのに、方角まで考えていてはなかなか仏壇を置けませんよね。

絶対こうしなければならないということはありませんので、あまり気にしすぎない方が良いでしょう。

 

しかし、少しだけ注意しておきたいことはあります。

ひとつは直射日光が当たらないこと。

仏壇が傷んでしまいます。

冷暖房も直接当たらないようにしましょう。

 

それから、神棚や床の間と向かい合わせにしないこと。

神棚が同じ部屋にあること自体は問題ありませんし、床の間のある部屋は置くのに適した場所です。

しかし、神棚と向かい合わせに置くとお参りする際に、もう一方にお尻を向けることになります。

これは神様、仏様に対してとても失礼になります。

また、床の間と向い合せに置くということは、仏壇が下座に置かれているということになりますので、

これも避けた方が良いでしょう。

 

もうひとつは、お参りする際に仏様(お位牌)が低い位置にならないようにすること。

正座してお参りする場合は目の上くらいの高さに、立ってお参りする場合は胸より少し高めくらいにしましょう。

 

仏壇の置き場所には、昔から伝えられていることにもさまざまな説がありますし、宗派によっても違います。

それにこだわり過ぎて悩みの種になってしまうより、

それぞれの生活に合った置き場所を見つける方が良いのではないでしょうか。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL