お供えの基本

宗派によって若干の違いはありますが、

一般的にお供えの基本は五供とされています。

五供とは、香、花、ローソク、水、供え物の5つです。

 

供養をするときに香を焚くことは基本ですが、

法事のときは抹香と呼ばれる粉状の香を焚きます。

いわゆるお焼香と呼ばれるものです。

 

普段は扱いやすくて長持ちする線香を用いるのが一般的です。

 

香を焚くことには二つの意味があります。

一つは、ご先祖様により香りを楽しんでいただくこと。

もう一つは、香の香りには、供養をする側の心を浄化し、

邪気を寄せ付けないようにするという作用もあります。

 

ところで、線香は何本立てたら良いかわからない、

という人もいらっしゃいますが、

これは宗派によってある程度は決まっていますが、

あまりこだわる必要はありません。

ただ、気をつけなければいけないことは、

線香が燃え上がった場合でも、息で吹き消すことなく、

手のひらやうちわを使って火を消すようにしてください。

 

線香に火がついている間は、

ずっとその場にいる必要はありませんが、

供養が終った頃に、忘れずに線香の火が消えたことを確認するようにしましょう。

 

 

基本的に故人が好きだった花、

喜んでもらえると思う花を供えるようにしましょう。

枯れた花をいつまでも置きっぱなしにしておいてはいけません。

 

ローソク

おまいりをする際には原則としてローソクを灯します。

ローソクの火には、線香をつける役目もあります。

おまいりがすんだらローソクは必ず消しますが、

この時も、息は吹きかけずに、

手のひらで仰ぐようにして、ローソクの火を消してください。

 

正式には閼伽といって、正常な水を供えるべきなのですが、

実際には水道水でも構いません。

また、朝起きて、家族が飲む温かいお茶を供えるのも良いでしょう。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL