暮石クリーニングという選択

突然ですが、古くなったお墓の汚れ・痛み気になった事はございませんか?

お墓はご先祖様や大切な故人、また、いずれかはご自身が眠る所でもあります。

そんなお墓が酷く汚れていたりすると、何だか後ろめたい気持ちにはなりませんか?

お墓が古くなったからといって新たに建て替えなどを検討していませんか?

 

今回ご説明する「暮石クリーニング」というのは、そんな古くなったお墓を蘇らせるサービスの事です。

一般的にはまだまだ知られていない事ですが、実は近年非常に注目が集まっているサービスの1つです。

 

一見すると手に負えない様なお墓の汚れも、

暮石クリーニングを行えば、まるで建て替えたようにキレイに蘇ります。

中には200年近く経過しているお墓などを施工する事も・・・。

 

 

【暮石クリーニングを利用するお客様とは?】

次のようなお悩みをもっていらっしゃる方は暮石クリーニングがお勧めです。

・墓参りの度に汚れが気になっているけれど、タワシなどで磨いてもキレイにならない

・供養や納骨などの法事までにお墓をキレイにしておきたい

・住まいが遠方で、思うように墓掃除ができない

・下の世代には任せられない。自分が元気な内に墓をキレイにしておきたい

 

 

【暮石クリーニングをするメリット】

暮石クリーニングを行うメリットとしては、次のようなことがあげられます。

・新たに建て替えるより、10分の1以下の価格でお墓をキレイにできる。

・石のメンテナンスにもなり、墓石が長持ちする。

・気持ちよく、清々しい気分でお墓参りが行える。

・石材店や石の種類を選ぶ手間が省ける

(近年、悪質業者の存在により、数年で石が変色した、お墓が傾いた、

墓を建立した業者が居なくなり今後のメンテナンスができない、

などの相談も年々多くなっております)

 

 

【気になる価格は?】

上記でも記載したように、やはり1番のメリットになるのは

〝安くお墓をキレイにできる〝という所だと思います。

では、暮石クリーニングの気になる価格相場は・・・

 

残念ながらこの業界に相場価格というのはございません。

なぜなら、安いところでは3万円~、高いとこだと8万円~と、

地域や業者様によって多額の差がでるからです。

※この記載金額は基本的な暮石清掃のみの金額です、

いずれにしても、お墓を新たに建て替えるとなると何百万とかかりますので、

それに比べると石材店や石を選ぶ手間も省けて、

価格も安価なので依頼しやすいのではないでしょうか。

 

 

【暮石クリーニング業者を選ぶポイント】

いざ、暮石クリーニングを依頼しようとしてもどういう業者が良くて、どういう業者がダメなのか?

判断基準が難しいと思います。

そこで、こんな業者には要注意、をまとめてみました。

 

・見積り表示が〝一式〝となっている。

(暮石クリーニングを利用するお客様のほとんどが、初めての経験で、知識も無い方が大多数だと思います。

お見積書は〝暮石クリーニング一式〝という表記ではなく、

何の作業をどこの範囲までして、どこまでの作業を行うか、

という様な説明を予め細かく聞いておかないとトラブルの原因となります)

 

・石に詳しいか?(専門性や実績を見る)

(1番多いトラブルは、施工を行う業者の経験や知識が浅く、

石を傷つけたり、汚れが取れなかった、というような事です。

一見すると石は硬くて丈夫というイメージがあるかもしれませんが、実は非常にデリケートなため、

間違ったやり方やその石種に合わない薬品を使用すると石をダメにしてしまいます。

お見積もを取る際には、その石種の特徴や過去の実績を見せてもうようにしましょう)

 

・価格は適正か?

(先程も記述したように、このサービスには相場がありません。

お客様の中にもそういった知識がない場合がほとんどです。

それをいい事にやたら高い金額を提示したり、

必要のない施工まで提案して必要以上に高く請求する業者も少なくありません。

暮石クリーニングを依頼する際は必ずいくつかの業者様から見積もりを取り、

比較・検討をする事をお勧め致します)

 

 

【まとめ】

お墓の汚れが気になっている方は、暮石クリーニングを検討してみてはいかがでしょうか?

古いお墓も見違える程キレイになりますよ。

しかし、中には悪徳業者もいますので、業者を選ぶ際には慎重に行いましょう、

お墓がキレイになり、読者様の今後のお墓参りがより良いものになる事を心よりお祈り申し上げます。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL