忘れていていませんか?お墓のこと。

もうすぐ夏休み。お盆も近いですね。

夏休みには、どこかお出かけが決まっていますか?

 

行楽地で遊びに行く?買い物?海外旅行?国内旅行?

いろいろ楽しみな予定企画も多いと思います。

働いている方など、滅多にとれない長期休暇になりますね。

 

しかし、忘れていていませんか?お墓のこと。

日常生活が忙しいと、毎日お墓のことばかり考えているわけにはいけません。

考えているのは、お寺のお坊さんぐらいでしょうか。

 

しっかり管理してくださっているところならば、維持管理されていて、

きれいにお墓の状態もされてくれているかもしれませんが、

現代は、多種多様の価値観でいろいろな状態のお墓があるので、

そうとはいえないことが多いと思います。

 

田舎などに、お墓があるが進学就職のため、故郷からでた人もいらっしゃるでしょうし、

転勤であちこち移動しなければならなくなった人もいらっしゃると思います。

高齢で近郊にあっても、体が動きにくいので行けないという方もいらっしゃると思います。

そういう方達は、どうしたらいいのでしょうか?

 

このまま、お墓を維持するには大変心配なことが多いのが現実です。

一応、外にお墓がある方が多いと思うのですが、雨風でお墓の石が汚れてしまったり、少しずつ痛んだりします。

また、お墓の周りに、雑草などがのび放題になり、埋もれてしまうぐらいのときもあります。

 

だれか、自分以外の人が維持管理してくれる兄弟、親戚がいるならば

誰かが、ときどきでも様子をみてくれるでしょうが、いらしゃらないときはどうしましょうか?

昔はいたが、すでに親戚は亡くなったなど。

 

いろいろ時代により、各自の状況が変化してきます。

そうしたことを考えると、以前はそういう状況は、ごく限られた人の悩みから、

だれしも将来抱えるかもしれないことになりつつあります。

 

どうしたら、いいでしょうか?

お金に少しゆとりがあるかたなら、最近新しいビジネスとして、お墓の掃除代行業があります。

事前に依頼者と打ち合わせして、お墓の位置をきき、

掃除の前の、お墓の状況をデジタルカメラなどで、撮影。

掃除後撮影。その後お墓に、お花とお水、お線香を備えてくれるというのもあります。

 

どうしても、自分が仕事で行けない、入院している、海外に赴任しているなど

いうかたには、おすすめの方法のひとつだと思います。

 

本当は、自分のご先祖様なので行けたらいいのでしょうが。

もっと、気軽にみなさんが、こうした悩み相談ができる状況になると、

またいろいろな解決方法がでてくるかもしれないですね。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL