お墓を継承する

日本は火葬率が100%近くあり、

世界有数の火葬大国ですが、

諸外国はまだまだ土葬が中心ですから、

お墓は一人ずつ、あるいは夫婦2人で入るのが一般的です。

 

それに対して日本のお墓は、

先祖代々、継承を前提としているところに特徴があります。

 

墓地、墓石や仏壇、仏具などの、

先祖を祀るための財産を、祭祀財産といい、

これらの祭祀財産を受け継ぐことを承継といいます。

 

祭祀財産は、祭祀継承者が独断で受け継ぐ物で、

家や土地、預金などとは異なり、

相続財産とはなりません。

つまり、相続税はかかりません。

 

承継者は、誰でなくてはならない、という特別な決まりはなく、

祭祀財産を守る、妻子の主宰者にふさわしい人が承継者となり、

相続人とは違う人が受け継ぐことも可能です。

 

亡くなった人が、お墓を承継する人を指定していた場合、

指定された人が承継者となります。

この指定は、遺言書のようにきちんとした書面でなくてもよく、

口頭でもかまわないとされています。

 

また、承継者に家族や親族以外の人を指定することもできます。

その場合は、予め、自分の家族や相手の家族など、

周囲の人にも了承を得ておいたほうがいいでしょう。

 

特に承継者の指定がない場合は、

習慣に従って定められ、

長男や配偶者が承継者となるのが一般的です。

 

次男が家を継ぐ場合は、

家族や親族の話し合いによって、

長男や配偶者以外でも承継者になることができます。

習慣や話し合いで承継者が決まらない場合は、

家庭裁判所に調停を申し立て、調停で決めます。

調停でも話し合いがつかない場合は、審判に移行することになります。

 

お墓を継承するということは、

次のような務めも引き継ぐことでもあります。

・墓地、墓石の管理、維持。

・先祖の法要を営む。

・寺院の行事への参加。

など。

 

日本は現在、少子化に歯止めがかからない状態で、

すでに年間に亡くなる方の数が、出生すを上回るという状況です。

 

墓を子孫が継承するというシステムを維持するためには、

皆が結婚して、子どもを2人以上産むことが前提となっています。

結婚しない人や、子どもがいない場合は、

継承する子孫がいないということで、

お墓が無縁化してしまうこともあります。

 

一人っ子どうしの結婚では、2つの墓の存続は難しく、

片方の墓は無用となってしまいます。

この少子化時代、子や孫の代になれば、

一家で抱えるお墓の数は増える一方だということになります。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL