お墓への納骨の仕方

納骨の仕方について、

お墓への納骨は基本的に49日に合わせて行います。

お墓を新しく建てた場合などは、

お彼岸やお盆に合わせる場合もあります。

人が集まりにくい場合は、土日などに納骨法要を行う人もいます。

 

納骨といっても、単に骨をお墓に入れるだけではありませんので、

その方法をご説明致します。

 

墓石側の準備ですが、まず石材店に連絡し

竿石や霊標に戒名を刻んでもらいます。

 

次にお寺さんに連絡し、納骨法要を行ってもらうように頼み、

日取りを決めます。

日時が決定しましたら、石材店に連絡し、

法要のサポートをお願いします。

納骨の仕方について分からないことは、

石材店が詳しく知っていますので質問することもできます。

 

納骨法要は、身内で行うのが一般的ですので、

亡くなられた方の家族・兄弟・親しい友人に納骨日を伝えます。

納骨日が近づいてきましたら、お墓に備えるお花やお供え物を購入します。

お供え物は、生前に故人が好きだったものを供えるのが一般的です。

 

また、お寺さんや石材店に渡す謝礼も準備しておきます。

謝礼は地域によって値段に差がありますので、事前に調べておく必要があります。

 

納骨当日の服装は、喪服・もしくは落ち着いた色合いの服装で出かけるのが一般的で、

お骨・埋葬許可書・印鑑・数珠・お供え物・お布施を必ず持っていきます。

納骨法要の前に、お墓に行き丁寧に掃除を行います。

掃除が終わったら、お花やお供え物を備えます。

それが終われば、お寺のご住職がお経を読み上げ、

一人ずつ焼香し、納骨法要が終了となります。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL