お墓は建てず仏壇は作らず家族葬で済ませる

母親が亡くなった時に、お墓は建てなかったです。

それは母親の実家のお墓が、既につぐ人がいないくて無縁仏になっていたためです。

 

母親の兄弟は3人で、母親は3番目で姉と兄がいました。

姉は女性なのでもちろん嫁に行っていて苗字が変わっているが、

兄も養子になったので苗字が変わっていました。

そのため跡継ぎになる人がいなくなっていたので、

お墓を作っても私の場合は兄弟が姉と2人だけで結婚出来るか分からないし

結婚しても養子をもらえるかもわからないので辞める事にしました。

もしも結婚して子供が出来ても、子供にお墓の世話をさせるのも大変になるのでない方が良いと思いました。

 

しかも最近は必ずお墓を建てててある場所の近くに住めるとは限らないので、

そうなると更に管理が大変になるのでお墓はなない方が良いと思います。

そのためにも、母親が亡くなった時には即座に建てるのを家族で話し合うまでもなく辞めました。

この事もあり、父親が亡くなった時も母親と同じようにお墓は建てないつもりです。

 

お墓を建てなかったので、永代供養をしました。

永代供養ならお寺で毎月お経をあげてもらう事が出来て、管理もしてもらえるので便利です。

お金がお墓を建てるよりも安く出来るので、父親がお寺を探して永代供養にしました。

お寺にもよると思うが、永代供養を頼んだお寺は毎月お経をあげてくれて

いつでもお参りに行けるようになっています。

そのため、亡くなってから1周忌の時にはお参りに行きました。

開放的なお寺なので、いつでも行けるのが良いです。

また毎月のお経をあげてくれる日も、永代供養を行った人なら誰でも参加が出来るので

行きたい時に行く事が出来て助かります。

 

母親も亡くなる前からお金がかかるだけで後が大変なので葬式も仏壇もお墓もいらないと言っていたので、

母親の意見と家族の意見が合っていた事もありお墓と仏壇は作らなかったです。

ただ葬式だけは父親が家族葬で良いので挙げようと言ったので、簡単ではあるものの挙げるようにしました。

両親の兄弟と母親の友達だけを招待して、家族葬を行いました。

大勢の人を呼ぶとお金がかかってしまうので、家族葬ならかなり費用が抑えられるので良かったです。

 

また今までお世話になった人だけを呼べばよいので、亡くなった母親は喜んでいると感じました。

普段付き合のない親戚の人を呼んでも、意味がないと感じました。

父親の時もこのように、お葬式は家族葬にしようと思いました。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL