お墓とお位牌を守り続ける義理の両親

数年前に嫁いだ農家で義母に、

「もしも火事が起きたときは、仏壇の位牌を持って逃げろ」と言われました。

火の中に嫁が突っ込んだ時点で、終わりだと思いませんか?

いくつか疑問を持ちながらの同居生活はうまくいくはずはなく、

今は期間限定で離れています。

 

が、ひとつやり続けているは、お墓の草取りと仏壇掃除です。

正直、旦那にとっては祖父、祖母ですが、わたしには面識はありません。

最初は一生懸命やりました。

でも、当たり前で片づけられてきました。

 

古いお家で、お墓が二か所あります。

畑のど真ん中と、墓地にあります。

この草取りがいつも涙です。

今年は、お盆と命日以外も、まめに取るようにしています。

でも、供養の気持ちで接しているかは、自分ではわからないのです。

 

今は、お墓に入るのが亡くなられた方の行く道ですが、

私は、自分の知らない方々へ気持ちを込めて供養できていないのです。

それは、義理の両親への不信感もあるからなんです。

 

わたしは、長男の嫁、子供もいないため家政婦のような扱いです。

嫌なら出ていけばいいのですが、暑い日でもお墓掃除のあとは、見上げる空がとてもきれいなんですね。

自己満足かもしれませんが、きれいにしていれば、お墓参りをしたい方もいつでも、

足を運びやすいなあとか、仏壇もきれいにすれば、心も落ち着きます。

誰のためとか、義理の両親が好きじゃないとかは関係なく、

今できる勤めを行うことで、気持ちは落ち着きます。

 

お墓掃除にいくと、草が伸び放題だったり、荒れていたり、

昨日だれか来たのかなというようなお墓もあります。

現世を生きる私たちが、ご先祖様へ手を合わせるときは、

無心で拝めたらいいのかなと最近は感じています。

そして、今生きている私たちが元気でいないと、供養もできませんし、

形にこだわることなく、ある程度のルールはあると思いますが、

それぞれができる供養をするといいのでしょう。

 

お墓まで遠いという方は、空に向かった心をこめて拝むだけでも、

その心はきっと届くと思いますし、命日でなくても、

自分の時間のあるときに、お墓へ足を運ぶこともよいでしょう。

お墓にいくときは、お花とお線香と、ご先祖様の好物を準備していくといいでしょう。

そんな思いが、一番大切なんですね。

 

わたしは、今後、心に疑問をいだきながら、お墓掃除だけを続けていけるかわからないです。

しかし、夏は、ご先祖様の命日とお盆があるので、草取りをがんばります。

そんな時間が、いつか迷いを晴らしくれたならと願いを込めて。

ご家庭で先祖供養を

私は現在40代ですが、現在同年代の方でも自宅にお仏壇を置いている人は本当にまれになりました。

私の世代は幼いころは祖父や祖母と同居している家族が多く、遊びに行けばどの家にもその当時はお仏壇があったように思います。

またお盆、お彼岸と言うと我が家にもお坊さんがいらっしゃってお仏壇を拝んでくれました。

そんな風景はその当時はある意味当たり前のように感じていましたが今の時代は違ってきているようです。

続きを読む




先祖供養 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL